Mother Yoga / Yoga Shala Leela 地球に優しくすべての生き物に優しく!

横須賀でヨーガ講師をしています。ヨーガクラス情報、愛犬フレンチブルのぷるベジタリアンライフを気ままに綴ります。

  Mother Yoga / Yoga Shala Leela  地球に優しくすべての生き物に優しく!のナビゲーター   トップページ > 2011年12月  

冬の日暖かい陽だまりで…幸せ!

2011 - 12/27 [Tue] - 09:00

部屋のなかの暖かい陽だまりで今、ブログ書いている。横にはぷるちゃんが寝ていて。 でかッ!ぷるちゃん~
写真

窓際の日だまりでは母が編み物をしている。幸せな瞬間。感謝!

仕事も休みに入りいよいよ今年も残りわずか。 ゆく年を振り返り、来る年を楽しみに残り4日を過ごしている。

昨日はヨーガニケタンの今年最後の講習日。横須賀から町田まで朝7時前の電車で行ってきた。

昨日は木村慧心先生の2回目の講座。お話上手の先生の講義は毎回楽しく時間が過ぎていく。

昨日はヨーガと健康についての学習。なかなか内容が深くて広いテーマで今回出された宿題はやり応えがありそう。

講義を受け、内容を自分の頭でまとめて、必要ならば読み調べ、自分の言葉で書きだす作業も回を重ねてくると楽しみながらできる様になってきた。ヨーガを通して智慧を得ているのが感じられてそれがとても嬉しい。

そろそろ卒論の準備も始めようかな、なんてわくわくしながら思っている。

学生時代は勉強が嫌いだった私なのに、人間って学びたいと自身で思うといくらでも、幾つになっても学べる、脳のキャパはまだまだあんだ。嬉しい!!

今、ヨーガについて貪欲に学びたい。もっともっと学びたい! 

来年は今年以上にヨーガをINPUTしていきますよ。そしてこのグログで学んだことをOUTPUTします。

学んだことはOUTPUTしたくなるんだよね、バランスをとるために必要なんですね。それを繰り返し繰り返していくうちに智慧になっていくのかも。


今日の早朝、娘とヨガ仲間のひろこさんがインドへ旅立った東インドからリシュケシへ。

年越しはダライラマ法王がやはり年を越されるブッタガヤで。素敵ですね!!

娘たちよ心でインドを見、聞き、感じ、そして楽しんでおいでね~  

今日もいい天気。 私は冷蔵庫のお掃除そして近所の温泉へGO

皆さんも良い日を

スポンサーサイト

2011年

2011 - 12/21 [Wed] - 18:14

今年もあと10日。少し早いけど今年を振り返ってみた。 

やはり忘れてはならないのが東日本大震災。 2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒発生。

東日本大震災にてお亡くなりになられた方々やご遺族には心よりお悔やみ申し上げます。

また、全ての被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。


2011年は私の人生において記念すべき変革の年になるだろうな。

それは今までの価値観、生活様式をがらりと変えた1年だったからだ。

2月に始めてのインド一人旅。

南インド ケララ州 ニヤンダムのInternational Sivananda Yoga Vedanta CentresでYoga Vacation に参加しシバナンダ アシュラムに滞在した。 
P1030064.jpg

P1030255.jpg

アシュラムでは毎朝6:00の サットサンガ(瞑想、チャンティング、講話)から始まり、アサナクラスが午前と午後に2回あり、レクチャークラス、カルマヨガの時間と夜のサットサンガ、まさにヨガ三昧。
iphone_20111221184351.jpg

日本での日常から離れた楽しく夢のような2週間。

ヨガだけを行える環境で集中できた贅沢で極上な時間。

本場インドがかもしだす雰囲気を体感し。
P1030146.jpg

国籍、人種、言語は違うけど世界中からヨガを学ぶために集まったヨガを愛する人達との出会い。
P1030056.jpg
  
スワミ マハデヴァナンダジからはパワフルなエネルギーを毎日いただき。

インドの奥深さに圧倒され。

インド人の愛嬌を体験し。
P1030117.jpg

とっても貴重な体験をし。

ヨガに出会ったことの幸せを感じ。

もっともっとヨガについて学びたいと思い。
P1030161.jpg

インドへ行くお金が得られる仕事があることに感謝し。

ヨガの師匠との出会いがあってインドへ導かれた。Mariさんに感謝し。

楽しんでおいでと送りだしてくれた家族に感謝し。

いろんなことを発見できたインドへの旅でした。
P1030137.jpg



そして4月に始まったYoga Sala PREMALでのヨガ・アドゥバンス・クラス。

3月11日に東日本大震災が起き、未曾有の大災害を目の当たりにして思った。「私に何が出来るのか?何かしないと… 何ができるか?」そして出した私なりの答えは、ヨガを通して人々のために役立てる私になる。

出来ること、小さい事から始めて人々の平和、そして世界の平和(世界はオーバーかな)のために役立ちたい。

それにはいかなる事が起きても対処できる健康な心身を持っていなければ、と考えてこのクラスを受講することを決めた。 

このクラスはアサナのアドバンスポーズだけではなく、ヨガの哲学そしてチャクラのことを取り扱ってあげて、身体のエネルギーの流れをスムーズにしてあげるクラス。

判っているようで自分のことは本当はよく判っていない。

判っていない事が判る。 

わざと避けて見ないようにしていた自分の内面。

私の本質とは何なのだろうか? 

自分を客観的に見つめて受け入れていく作業。

という自分探しの8ヶ月。
P1030219.jpg
 
生活の中での悪習慣を修正できたし、今の自分を幸せだと感じられる自分になり。

心身を健やかに保ち正しく生活していく。

このコースを受講したことは私の財産となった。 

ヨガを体系的に学んだヨガ三昧の8ヶ月間はこれからもヨガライフを歩む私にとっては必要な大切な大切な通過点。

8ヶ月間よく頑張った私。自分で自分を少しほめてあげたいわ。そして、師匠に感謝。仲間に感謝です。

とっても充実した2011年。忘れられない変革の年です。来年は更にヨガ道を歩んでいきますよ。 

Shanti~ Shanti~ Shanti~  世界が平和でありますように!

読んでくれてありがとう!

ヨギーニのじいちゃんと清水の次郎長

2011 - 12/19 [Mon] - 16:31

今日はヨガとかベジとかぷるちゃんとかは全然関係のないお話。私のルーツです。

曾々おじいさん(4代前)は清水の次郎長の清水一家に属していたらしい。 

私は博徒の孫の孫なのだ! 

その名は「井出の松五郎」といい富士市天間の明治の博徒と記されている。いかにも博徒らしい名前だ!

清水の次郎長(清水みなとの名物は~お茶の香りと男伊達~とも謡われ幕末、明治維新にわたり、東海はもとより、その暴れん坊ぶりは全国にその名を轟かせた世紀の大親分、清水の次郎長。広沢虎造の浪曲をはじめ、数々の時代劇、映画などによりその武勇伝も、こん日まで多くの人に語り継がれてきている)

私の祖父の故郷は富士市でそこに松五郎じいちゃんの墳墓の碑がある。

松五郎じいちゃんの碑のサイト


以下は母や母の従兄弟伯母 、従兄弟伯父から伝えられたお話です。

井出の松五郎じいちゃんは富士川の合戦に関係し逃げてきた仲間を助けるために自分が犠牲になってしまい喉と腿に傷を負って若くして女房子供を残して亡くなった。

発見された場所が墳墓の碑がある久沢新田だそうだ。

その後女房は子供をつれ再婚したその子が私の曾おじいさんなのだ。我が系譜。
清水の次郎長さんがこの遺児(私の曾おじいさん)後見してくれたそう。
そして、富士市大渕の開墾の際にはこの曾おじいさんも次郎長さんのお手伝いをしたそう。

私の祖父と大叔父が建立した墳墓の碑と本家への墳墓参りを我が家は年に数回行っている。

この松五郎じいちゃんは墓参りをする子孫は必ず守ってくれるそうな。

私が墓参りを毎年し始めて15年ほどが経つが確かに守られていると実感することが多々ある。

ありがとう松五郎じいちゃん。  

大叔父が残してくれた家系図と書き残された松五郎じいちゃんの話は私もコピーで保管しているが母や母の従兄弟伯母 、従兄弟伯父が高齢になりまた、鬼籍に入りだして次世代はどれだけの子達がこの墳墓を参り続けることができるのかな?

4代でどの位の数の子孫がいるのかな? 数百人かな? 

私は松五郎じいちゃんの墓碑を守っていくように生まれているかもしれないと実は感じている。

その理由は、松五郎じいちゃんの命日が私の誕生日であり、私の祖父(母の父)の誕生日も松五郎じいちゃんの命日なのだ。
松五郎じいちゃんの孫(私の祖父)と曾々孫(私)、一代おきに松五郎じいちゃんの命日に子孫が誕生している。

指名されたかな私って思う。もちろん指名されて嬉しい!

指名されたから喜んで私の系譜が守っていくよ~松五郎じいちゃん安心してね!

この週末富士へ行って来た。行くといつも心があらわれ清々しい気持ちになる。

富士山がとっても綺麗なわが故郷。リタイアしたら住みたいな~。


命は脈々と受け継がれています。

素晴らしいことです。 

ご先祖様の誰一人でも存在しなかったら私って今、存在していない。

もうすぐ今年も終わります。今年も無事に過ごせたことに感謝です。

与えられた命を大切に、ご先祖さまに感謝して毎日を過ごしていきましょう!

読んでくれてありがとう!

ビートルズと私とヨガ

2011 - 12/14 [Wed] - 12:13

1990年。今から21年前。今思えば始めて私がヨガ的な世界と接近した事があった。

当時Meditationに若干興味があった。たまたまアメリカ人の友人と話しをしていて話題がMeditationになった。

その人はTM Meditation(超越瞑想)(Transcendental Meditation) なるものをアメリカにいる頃 からやっていて日本にもセンターがあるというので確か、池袋だったと思うんだけど(新宿かも?よく覚えていない)TMのセンターへ話を聞きに行った覚えがある。

当時私は、「瞑想をすると気持ちいいかもね」と、漠然と考えていた。多分バブル期が終焉を迎えようとしていたその頃、私は精神世界的なものを無意識に欲していたのかもしれない。でもそれ以上の行動はなかった。

そしてあのオウム真理教事件が起き、ヨガとか瞑想とかOMという言葉は禁句になってしまい一気に日本の社会からトーン‐ダウンしてしまった、そして私の中でも忘れさられていった。

今、真剣にヨガの勉強をしていて、「密教ヨーガ—タントラヨーガの本質と秘法」 本山 博 著 1978年6月発行"という本に出会う。 

その本のまえがきに、TM Meditation(超越瞑想)について「インドの、あるヨーガのグル(師匠)は、アメリカでTM法(超越的瞑想法)を教え、ここ数年間、それがアメリカの若者たちの間に、爆発的な勢いで拡がっています。」 と書かれていた文字を見て突然記憶がよみがえった。そこでWebで検索したらあるある、そうそう確かマハリシという名前も聞いたな~と思い出した。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー
「ビートルズは、インドのリシケシュで TM を受講した。マハリシは高額なお布施(当時TMは、年収の10分の1が基準であった)を要求し、随行メバーの女性に"性的興味"を示したという関係者の主張の後、ビートルズは彼に対する失望を露わにして TM から 離れた。マハリシに対する皮肉はジョン・レノンにより『セクシー・セディー』という曲に表れる(近年判明した真実についてはセクシー・セディーの記事を参照)。

マハリシ側は上記の話を根拠のないものであると主張している。彼らによれば、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンは後年マハリシに対する支援を表明し、決別の前も後もマハリシはビートルズのファンであり続け、彼らを「地上に降り立った天使」とまで呼んだという。しかし、これはあくまでマハリシ側の主張であって、その真偽は定かではない[1]。

ザ・ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴは彼の学生となり、ビーチ・ボーイズは1970年代にマハリシ国際大学で『M.I.U. アルバム』を録音した。また、ドノヴァンも彼の学生であった。」
<上記Wikiから>

私もこの話、インド人の行者の思想に共鳴したビートルズがインドのリシケシュでアシュラムにこもって修行したのは知っていたが、その行者がマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの事だったんだ~。ビートルズが傾倒したのがTM Meditation だったんだ~。

TM Meditation(超越瞑想)と21年前接近して、その時ヨガを始める機会あったんだろうけど、その時ではなかったんだな私の場合は。それでいいんだ。

その後の私の人生で起きた事、出会った人達、そして私が起こした行動が意味のあることなんだ、そして全てつながっていて今の私があるんだなって思う。 

見逃しそうなすご~く些細な事の中にもよーくみて見ると今回書いたようなことはあるよね。そんな視点から自分の人生を観察してみると新たな気付きがあって面白いですよ!

本山 博先生の「密教ヨーガ—タントラヨーガの本質と秘法」お勧めです。



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

Angel Tree そして Xmas Party

2011 - 12/12 [Mon] - 12:17

先月このブログで紹介したAngel Treeの記事のその後。(詳しくは11月の記事Angel Treeを読んでね)

先日Christmas Partyが開かれました。サンタさんがParty会場に到着し、子供達にギフトが手渡されました。子供たちは大変喜んでくれました。

一人一人、嬉しそうに受け取り、包み紙を破らないようにあけていました。

又、園長先生よりとても嬉しい言葉を頂きました。”子供達が、サンタさん、どうして僕らの欲しいもの、私達の欲しいものを毎年わかっているのだろうかね。本当に嬉しい”と、子供達が言っていたそうです

子供たちは真っ白は清い心を持っていますよね。我々の方が子供から愛をいただいています

私は、少ない時間しかParty に参加できなかったのですが、その中で顔見知りのS太くんと再会できて嬉しかったわ。 

今年5年生になるこの子との最初の出会いは2008年の夏。彼が2年生の時。

園が我々ボランティアを招待してくださりお食事会が行われたとき、私の横にたまたま彼が座り出会った。私達ボラ、子供たち、職員の先生方とが一つのテーブルを囲む感じの会。

初対面なので恥ずかしいよね。最初は余りお話しをしてくれなかったんですが、間に入ってくださった担当の先生のサポートもあり徐々に打ち解けてくれて、学校の事とか、お兄ちゃんお姉ちゃんの事をお話してくれました。(同じ園で兄弟一緒です) 

シャイな子ですが、素直な子だな~という印象。その後1回2回、短い時間ですが会話を交わすことはあったのですが、今回は身長がすっご~く伸びて見違えるほどでした。私と背中を合わせて比べっこをしたら余り変わらなかった。来年は抜かされるわ~

サッカーをしているんだって。元気そうで嬉しかったです。初対面の時にサポートしてくださった担当の先生ともお話できました。

相変わらずシャイですが、いつもこのような機会があると私のことを探してくれるそうです。私、すっご~く感激。おばちゃんは癒されましたよ。ありがとうね

サンタさんからのサッカーシューズとスニーカーのプレゼントを嬉しそうに見せてくれました。良かったね!本当に短い時間でしたが彼と再開できてよかった。 

一緒に写真を撮り、来年も会うことを約束しました。写真はアップしませんが、彼のはにかんだ顔が可愛らしく撮れましたよ。

私が今年選んだカードは「3歳の男の子。欲しいものはアンパンマンの靴、トーマスとそのお友達のおもちゃ、ジッパー付きのジャケット」カワイイでしょ。そして好きな色はオレンジとピンク。 

こんな感じのプレゼントになりました。





プレゼントはリクエストした物とあまりにもかけ離れていたり、買わないでほしい物が入っていないのを確認した後にラッピングします。

 | HOME |  »

プロフィール

shantisakura

Author:shantisakura
〜Yoga Shala Leela主宰〜
心と身体が繋がる素敵なハーモニー。
目を閉じて深呼吸をしてみましょう。
心と身体をつなぐものは呼吸です。
呼吸にのせて身体を動かしてみましょうそれがヨーガです。ヨーガは老若男女、すべての人のためにあります。

プロフィール:
2007年 ヨーガと出会う。その後3年間は「ヨーガはアンチ・エイジングに効果があるのよね~」との理由で週1回から月数回のペースでスタジオ通いに勤しむ。

2010年 本格的にYoga を始める。

2011年 インド ケララ州 シバナンダ・ヨガ・ヴェーダンタ・センターに滞在し本場アシュラム生活を体験。

2011年 東日本大震災を体験し、あの津波を目の当たりにして強く思う。「この震災で傷ついた人の心と身体を癒すお手伝いをしたい」それには「自分には何が出来るか?」と自問自答。「何もない」でも「人のお役に立つには、まず自分自身が心身共に健康であること」が大切だと思いクンダリニー・ヨーガ 8ヶ月コースを受講。そしてその時、漠然とヨーガの先生になるのかも?と感じる。
そして被災地やさらに必要とされるなら世界中にボランティアとして出て行きたい。

2011年 インド中央政府公認V YASA ヨーガ・インストラクター コース受講開始。

2012年 ヨーガを続けてきて心と身体のバランスが整い健やかな心地よい日々を過ごしている自分があることを確信する。この素晴らしいヨーガの奥深さを一人でも多くの方に正しくお伝えしたいと思いティーチャーズ・トレーニング・コースを受講し先生になる決意をする。そして震災直後に思い描いた震災地へ出向くことへの一歩を歩み始める。

2013年2月 Yoga Sala PREMAL Teachers Training Course卒業。
パーマネントのジョブは続けながら、週末や夕方以降にヨーガの先生としての一歩を歩み始める。

♡〜ボランティア活動として〜♡

2013年8月から「東日本大震災 被災地応援プロジェクト with Ethica」を立上げ宮城県亘理郡山元町の仮設住宅でヨーガクラス開催。

9月宮城県石巻市「蛤浜再生プロジェクト」のお手伝いとしてcafeはまぐり堂にてヨーガクラス開催。

9月から定期的に「おひさまヨーガ」クラスを地元の高齢者施設へ訪問して開催。

ヨーガはユニオン(結ぶ)という意味です! 心と身体を結ぶヨーガ!人と人を結ぶヨーガ!宇宙と生命を結ぶヨーガ!
身体が疲れている人、心が疲れている人、みんなみんな元気にな~れ。人生謳歌しましょう!楽しみましょう!
若い人ももちろん40歳代、50歳代の人達ヨーガをして心身ともに予病をしましょう。一緒にヨーガをしましょう!

私もまだまだヨーガの修行中、人生の修行中です。皆さんと一緒にヨーガをしながら学んでいきます。

Yoga is my lifework! Love & Peace!

◎インド中央政府公認V YASA ヨーガ・インストラクター・コース(YIC) 修了

◎Yoga Sala PREMAL Teachers Training Course 修了

◎ルナワークス シニアヨガ指導者養成講座 修了
 
◎クンダリニー・ヨーガ 8ヶ月コース(Kundalini Yoga) 修了

◎Office Ergonomics training 修了

レッスンについてのお問い合わせ: 
yogasalaleela@gmail.com
www.facebook.com/YogaShalaLeela

About me:
I am a Yoga teacher. This is my lifework. I was learning Yoga before the Great East Japan Earthquake. After the devastating calamity, my sense of values has been changed. I went to Miyagi Prefecture three times doing volunteer work. There were mountains of rubble and we worked hard to clear mud and rubble from the affected areas. Besides cleanup work, I want to help victims of the terrible Earthquake and TUNAMI. I want to help people face to face.

What could I do for them? What skills or abilities do I have to help them? At first, I thought: Nothing!
After some deep thinking, I decided that I could help by being a Yoga teacher.
With Yoga, I could help the victims relax to relieve their physical and mental trauma and sorrow.

It took 2 years, but I completed a Yoga Teachers Training Course.
At the same time, I'm looking for a place where I could teach them yoga, not only in Tohoku but also here in Kanagawa Prefecture, as some victims were evacuated to this prefecture.
I want to teach them peaceful yoga to help them find happiness.

In the future, I want to do overseas volunteer work.
I want to teach Yoga in English into local people overseas.

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

Yoga

ethica 

お気に入りブログ集

よかったらプチッとして下さいね

読んでくれてありがとう!

コメントしてくれてありがとう!

ブロともさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR